2016年04月16日

阿蘇、大分での発生に「ここまで広範囲は前例ない」 気象庁担当者、名称変更の可能性も示唆

1: ちゅら猫φ ★ 2016/04/16(土) 17:24:16.00 ID:???

★【熊本地震】阿蘇、大分での発生に「ここまで広範囲は前例ない」 気象庁担当者、名称変更の可能性も示唆
2016.4.16 10:47

熊本県阿蘇地方や大分県中部で16日未明から相次いだ地震について、気象庁は同日、
熊本県内で14日から続いた一連の地震と「関連する」との見方を示した。青木元・地震
津波監視課長「ここまで広範囲に及ぶ地震は前例がない」と述べた。今後、両県にわたる
広い範囲で余震の可能性があり、気象庁は警戒するよう呼びかけている。

熊本市や熊本県南阿蘇村では16日午前1時25分、14日から続く一連の地震の本震と
みられる推定マグニチュード(M)7・3の地震が発生。その後、同県阿蘇地方では最大で
震度6強(M5・8)を観測する地震が相次いだ。

さらに大分県中部でも午前2時ごろから地震活動が活発化し始め、同県由布市では午前7時
11分、最大震度5弱(M5・3)を観測した。

熊本県阿蘇地方と大分県中部での16日の地震については、14日から熊本県内で続く地震と
それぞれ震源域は異なるが、気象庁の青木課長は「断層がずれたことで、その延長上にある
別の断層に影響を与える可能性はある」と関連する可能性を示した。その上で地震が想定以上に
広範囲に及んでいる状況に関し、「ここまで大きい地震になるのは近代観測史上、聞いたことが
ない」とも説明した。

気象庁は15日、一連の地震を「平成28年熊本地震」と命名したが、大分県でも地震が発生
したことで青木課長は「今後検討されると思う」と述べ、変更する可能性も示唆した。

http://www.sankei.com/affairs/news/160416/afr1604160059-n1.html

元スレ
【熊本地震】熊本、震度6強相次ぐ 「阪神大震災」級M7・3 気象庁「今回(16日未明)が本震」 [04/16]
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1460770267/





引用元【熊本地震】阿蘇、大分での発生に「ここまで広範囲は前例ない」 気象庁担当者、名称変更の可能性も示唆 [04/16]
posted by 1 at 18:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュー速VIP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。