2016年04月10日

違法カジノ問題で田児賢一選手(26)は無期限の登録抹消

1: アキレス腱固め(秋田県)@\(^o^)/ 2016/04/10(日) 15:18:40.10 ID:gPf4KOka0.net BE:194767121-PLT(12001) ポイント特典


違法カジノ賭博に関与したことを認めたバドミントン選手2人の処分が決まりました。田児賢一選手(26)は無期限の登録抹消、
桃田賢斗選手(21)は無期限の出場停止となり、リオ五輪への出場ができなくなりました。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000072240.html


続きを読む
posted by 1 at 19:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英語教科書の「エレン先生」人気は出版元も想定外 

1: モチモチの木φ ★ 2016/04/10(日) 15:02:48.72 ID:???

■英語教科書の「エレン先生」人気は出版元も想定外 なぜあのイラストが採用されたのか、そして初の試みとは

東京書籍の中学生向け英語教科書「NEW HORIZON」に登場するエレン先生がかわいい。
2016年(平成28年)度版から刷新された教科書は、リニューアルに伴い登場キャラクターも入れ替わっており、
よりアニメやマンガに寄せた、中学生にとってはなじみのあるイラストになっている。
過去の英語教科書の挿絵とは一線を画しており、ネットでも話題だ。
ねとらぼの取材に対し同社担当者はイラストから「英語が苦手な生徒にも英語に興味をもってもらいたい」という思いはあるが、
だからといってあまり「悪目立ちしないようにしたい」という葛藤もあったという。

新しくなった「NEW HORIZON」は、「未来につなぐ、世界につなぐ」をコンセプトに、
習得や活用の発信だけでなく、人と文化と国をつなぐグルーバル化に対応することを目指して編集された。
教科書は4年に一度刷新されることになっており、次のタイミングは2020年の東京オリンピック・パラリンピック目前の年ということを意識。
異文化や国際社会について触れ、自分の知識や視野を広げ、日本の伝統文化を見つめ直すという構成になっている。
テーマとして浮世絵や落語、アニメ文化を扱っているのも特徴だ。

「グローバル化の時代に英語教育の大切さがうたわれています。
そのため、義務教育においては、全員の英語力を高めるためにさまざまな施策が行われています。
全員といっても、生徒によって興味のあるなしということは出てきますので、
できるだけ多くの生徒に学習しようという意欲を持ってほしいと思い、生徒に関心の高いタッチのイラストに変えることにしました」(担当者)

登場キャラクターは柔道部所属の安藤咲とサッカー部所属の伊藤光太を中心に、
インド出身のディーパ・ミートラ、カナダ出身のアレックス・グリーンが登場。
そしてかわいいと話題のALT(外国語指導助手)のエレン・ベーカー先生や咲の兄、光太の姉、
ブラジルからの転校生のリカルドや同じくブラジルのサッカー部コーチ・パウロなどが脇を固めている。
エレン先生はあまりの人気にTwitterのトレンドにもランクイン、
すぐに「ピクシブ百科事典」や「ニコニコ大百科」にページが作成され、たちまち二次創作もネットにあふれた。
>>2へ続く)

ソース:http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1604/08/news159.html
画像:http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1604/08/wk_1600408newhorizon01.jpg


続きを読む
posted by 1 at 19:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IBMの人工知能「ワトソン」、診断の正答率で人間の医者を上回る もう医者いらねーな


1: [Φ|(|´|Д|`|)|🌀] BBxed!! ショルダーアームブリーカー(空)@\(^o^)/ 2016/04/10(日) 16:11:52.24 ID:4QvZaSNX0●.net BE:273822876-PLT(13000) ポイント特典


人工知能「アルファ碁」が、4勝1敗で世界トップ棋士を圧倒。
予想を超える速度で進化する人工知能は、近い将来、ほとんどすべての仕事を代替できるようになるという。

データ処理、気象予報、株式相場予想……。
そして、アートディレクター、画家、小説家、音楽家などの「芸術」職も例外ではない。

ゴールドライセンスと呼ばれた医師や弁護士についても神戸大学名誉教授で『人類を超えるAIは
日本から生まれる』の著者の松田卓也氏はこう言及するのである。

「医療現場でも、IBMのAI、ワトソンによる診断の正答率は、人間の医師を上回ったという結果が出ています。
患者のデータをワトソンに入れると、どの病気に罹っている確率が何%で、候補となる治療法は何か、などと
教えてくれるアプリケーションを、IBMは開発しました。

ただ、人間は心情的に、ロボットに診断されたくないから、患者とコミュニケーションをとる医師はいなくならないでしょうが、
医師を補助するAIが活用されるようになる。弁護士も同様で、アシスタント業務を行うパラリーガルという職種には、
AIが使われるようになるでしょう。医師も弁護士もAIが持つ知識をもとに判断するようになる。
今のように膨大な知識を獲得して難しい試験をパスする必要がなくなり、医師も弁護士も価値が下がって、給料は低くなるでしょう」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160410-00507156-shincho-sci




続きを読む
タグ:人工知能
posted by 1 at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。